海はひろいな

婚外恋愛ブログです。好きだから好きなのに。

許されないことなのは重々承知です。
不愉快だと思う方はどうぞスルーでお願いします。

キスパレード

ランチデートをしました。
小さな雑居ビルの7Fのカフェで。



小さなそのビルでは、
エレベーターで誰かと鉢合わせる、心配とはほど遠く。
7Fから降りている時間は2人だけの時間でした。


まあ、エレベーターで2人きりなら
いつもそういうもんなので・・・


このビルみたいに人気が少ないと、
安心できるから少し嬉しいなとか。


少し、穏やかな気持ちでキスを。


だけど。
穏やかなのはここまでで。


大通りからは少しだけ奥の路地。
そこから大通りへ出て駅へ向かう。


少し時間をずらしたランチの、
雨降る昼下がりの、
奥に入り込んだような路地は人影も少ない。


彼は私の腰に手を回しながら歩く、
お互い傘を差しながら。
器用だなって。


ふと彼が傘を下げて視界前方を塞ぐ。
突然傘に遮られた視界に、
驚くのも束の間の、
引き寄せられてキス。


道路で!往来で!こんなとこで!


傘に隠れて。
隠れたつもりの。


慌てて離れても、
離してくれない。


大通りに出るまで、何度も。


駅に着いても。


雨のせい?
人影もまばらで。


ホームに降りるエレベーターでもずっと。
そこからホームに向かう、いわゆる『死角』でもずっと。


もうお終い・・・っ
小さな声で言っても
あと少し
強い声で返される。




*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。



人目を盗んでまで、
こんなに濃い時間を過ごせること。


この時間が永遠に続くと思っていない。



本当は、嬉しいけど恥ずかしい、
どちらかというと恥ずかしいほうが、強い。


でも、嬉しい気持ちもある。



例えば、いつまでこんなに好きでいてくれるのかなあって。


いつか、この日のことを懐かしく思ったりするのかなって。


いつかずっと一緒にいすぎてあんまりキスしてくれなくなる日が来たりして、なんて。




この日の、人目を盗んで時間を惜しんでしたキスを、私は忘れない。



ミラクル

夜、彼を待たないと決めて2日。
明らかに朝、身体が軽い自覚。
単純な自分を少し褒めたい(笑)


その日、私の休日の前日だった。
そんな日に、朗報。
翌朝、起床時間が1時間遅くてよいらしい。
予想してなかったご褒美。
ふふ。嬉しい。


さらに、
そんな日に、
いつもよりとても早く、『海』が帰宅した。



彼と繋がれていた夜の時間を諦めたこと。
それがとてもとても寂しいこと。
それは一応、伝えておいた。


だからだと思う。
彼の配慮と、
少しのラッキーな巡り合わせ。
おかげで、彼とたくさん話せた。
LINEで、そしてチャットで。


ご褒美みたいに、たくさん構ってもらえて、
幸せ・・・(。╯ᴗ╰)〜♡


思えば、繋がれることがこんなに貴重だったこと。


まだまだ頑張り始めたばかりなのに、
気合入れたてほやほやなのに。


早速のミラクルに、嬉しくて仕方ない。


小さな幸せが、嬉しくて仕方ない。



ひとつひとつの小さな小さな幸せが、
まるで舞い降りるように、
私の許へ訪れてくれて、
本当にありがとう。


小さな幸せがどれだけ大切だったか、改めて沁みる。
大事にするね。


こんな偶然も当然じゃない。
大切な巡り合わせ。



実は『この日』昼間に、魔法の時間を作ってもらった。
そして『この日の翌日』ランチデートもしている。
このことも、遺さなきゃ♡



大事な時間を、
大切な時間を、
過ごせる日々は当たり前じゃない。
だからこそ、かけがえのない時間。
ありがとうございます♡



微睡

ちょっぴり眠めなこの頃。



こないだ『海』とお部屋デートしたとき、
ベッドに2人でごろんてしたら、
寝ちゃうかも・・・って思っていたら、
まさしく寝てしまった。


ぐー


きっと、寝ちゃうかもなんて心配するよりも早く寝たかも・・・



その後目が覚めるより先に、
朧げに意識が先に覚醒する。


今、朝だっけ?
今、夜だっけ?


このとき、
まだ夜だったはず!!って
飛び起きるときは、かなり切ない。


たいていそういうときは時計の表示は無常にAMの数字を示す。
彼からは遥か昔に来ているLINE。
私の眼の中で圧迫しそうなコンタクトレンズ。
意識が落ちた場所によっては、身体も痛む。


この虚しさはとても自業自得。
溜息の夜。


夜な夜なこんな思い、繰り返してしまった。


いわゆる、不毛な夜。




でも、そのデートの時は。


目覚めるより先に覚醒した意識が気付いた。


海といるのに寝ちゃってるんじゃんー!!💦
きゃー💦
って思って、慌てて目覚める。
「やだ💦寝ちゃってた・・・っ」
そう言う前の一呼吸、
目覚めた直後の一瞬、
確かに慌てたけども、


彼の腕の中で目覚める幸せが、あった。
瞬間的に拡散した幸せが。


彼の腕枕で、
ぎゅって抱き寄せられて、
寄り添って、
目覚めた目の前に彼の顔。


幸せが押し寄せてくる。


彼も寝てたのかな?
私が声出してなかったら、
彼は寝てたのかなあ。


寝てしまっていた後悔と、
一瞬で拡がって消えた、
それまでの幸せだった時間。


彼の腕の中で微睡んだのは、2度目。


私たち、きっと、
お泊りとかできないと思うから・・・


擬似的に朝の目覚め気分。


例えこれだけでも。
なんて幸せなんだろう。



平均して1.5h程、私の起床時間が早くなってから数週間経つ。
平日土日祝日問わずのそれが、
地味にじわじわ効いてきて、
じんわりぼんやり、ぶっちゃけ、いつも眠く~( ̄▽ ̄)


身体が慣れるまでの我慢だと思っているけれど。


1時間や2時間の夜更かしは平気なのにな。


適応能力の低下に、自分で自分が残念でならない(笑)
(年齢のせいなの~?💦)



私たち、夜な夜なチャットをよくしていた。
LINEのラリーでもいいんだけど、
私の場合キーボードで出来るチャットが一番好きで。
思うと同時に入力できる最速の、このスピードが好き。


ブログも、ブログに戴くコメントのお返しも
スマホでも出来るんだけど、
気持ちを乗せるにはキーボードで入力するのが、好き。


だから、PCでチャットするのが好きなんだけど。
問題は時間。


『海』の帰りは遅い。


そして早くなってしまった私の起床時間。
その生活にまだ慣れてないのに、私はちょこっと無理した。


だって、話したい。


もちろん、直接逢えれば一番いいのだけど、
そうもいかないので、私たちの大切な時間だった。


気合で乗り切りたいのに、
じわじわしんどい。


だけど、話したい。


だから、彼の帰りを待って、眠くてしんどいのに待って、
結局帰りを待てずに、
挙句そのままリビングで寝落ち、というのを繰り返した。


待てずに寝てしまった悔しさで、
次の日も寝ないように頑張りつつも寝落ち、
また次の日も、、、
そんなことを繰り返した。


要は無駄な夜更かしを繰り返した。
不毛すぎる時間。


だって、話したい。


私のこの生活リズムはずっと長く緩和されない。
私が早く慣れないと。


少し、焦る。
寂しくて。


繋がる時間が減っちゃう。


減っちゃった。


そしてとうとう実生活に、
少しだけど、影響出ちゃった。



「怠慢だな」って『海』に言われて、
本当にその通り。



私たち、実生活に影響しあう関係であってはならない。


それは猛省する。



だけどだけどだけど。


って思っちゃうけど。
私がいけないな。
猛省。



生活リズムの変化に、追いつかない私。
それに伴って彼と繋がれる時間の減少に、
不安でたまらない。



だから。


夜は、彼を待たないことに決めた。
落ち着くまで。
落ち着くならいいけど、落ち着かないなら、
きっと、ずっと。


仕方ないんだけど。


寂しいんだよね・・・


こんな私を早くフォローしろ~~~って
強めに思う(。・ˇ_ˇ・。)




嫌な夢を見る。


間近に飛行機が墜落する夢。
立て続けに2度も。
間近でそれを見ている夢を見るの。


1度目は夫と見ていた。
2度目は『海』とだった。


1度目の夢は、遠くから見ていて、
私の居る場所は安全だった。
ただ、その光景に怯えていただけ。


2度目の夢は、墜落の衝撃の爆発から
逃げ惑う夢だった。
彼と一緒に。



意味深すぎる夢。




でも。
彼といることで苦しいのは本望でもあると思う。



lyric

今とても、こっそり大好きな方がいる。
密かに、かなり、大ファン。



その方はniceもコメ欄もつけてらっしゃず、
どなたかと交流したりするのかも、
見受けられず、
わからない。。。


こうして一方的にファンなだけなので
リブログするのも憚られる次第。


引用なら・・・いいかな、でもドキドキする💧
迷惑だったらどうしよう。




  未来を託す必要がない代わりに
  一緒に過ごした瞬間だけは照れ臭いくらい綺麗に遺したい



ほんと、そう。
そう思う。


このフレーズ。
込められた想いが。


とてもとてもとても、共感して。


私も、そう思う。
だって、私にしか、それが出来ない。


かけがえのない時間を
遺せるのは、私しかいない。
かけがえのない大切な時間。
どうせ遺すなら思い切りドラマティックに!
って。




2016年3月から2017年9月までの
私と『海』が近付き始めて、
(その間に3回程危機があった)
ほぼブログを始めた頃までの、
LINEのログを失くしている。


でもブログを書き始めるに当たって、
主に最初の頃のログは何度も読み返していた。
そこから思ったこと、
ブログに残している。
これには、救われたと思った。
ブログを書いたおかげで。



軌跡を残せる場所。


必要だった、セルフプロデュース。



それとそれと、内緒のもうひとつ。
おこがましくて言えないけど。


大きくないけしてたいしてないチカラしか持ってない私にも。


誰かの何かのチカラになれたら・・・