海はひろいな

婚外恋愛ブログです。好きだから好きなのに。

許されないことなのは重々承知です。
不愉快だと思う方はどうぞスルーでお願いします。

回想録・1

あのとき、突然不機嫌になった夫。
私には理由が全く思い浮かばなかった。
仕事で何かあったとか、なのかなとか。
考えたけど。
それにしては、徹底的な避けっぷりだった。


もともと会話なんて多くなかったけど。
必要最低限のみだったけど。


これは敵意とか憎悪とかに匹敵する類。
理由もなく、そこまでされる覚えもなく。
身に覚えがないのだから、
私だって、相手にしなければいい。
気にしなければいい。


そう言い聞かせて、やり過ごしたかったけど、
無理だった。


やっぱり、無理・・・


頑張ろうって、
もうちょっと頑張ろうって、


もう、頑張れないって、思った。
もう、頑張れない。


もう、充分頑張った。
もう、いいかなって。。。


むかしむかし・・・
ロボットになりたいなんて、思った。
心なんか要らない。
感情なんか、なければいいんだよ。


家事も育児もするべきことだけ、する。
何も思わず。
それだけでいいって。


そうやって頑張るつもりでいたのに。
ごめんね。
頑張れなくてごめんね。
子供たちに心の中で謝った。


もう無理だった。



幸い、夫の不機嫌さは、私を徹底的に避けることだけに留まっていた、それも長い時間。
おかげで、落ち着いて考える時間をもらえた。


さよなら。


道を別つ。


いままでも、ぼんやり考えたことはあるけど。


いよいよ本気で考えるときがきた。



いざ本気で考えてみると。
現実の過酷さが身に染みる。
シビアな世の中。


だからなのか。


ふと、思い付いたこと。
今までそんな発想、思いもよらなかった。
『私』がそんなことを思うだなんて、
私自身が一番驚いた。
だけど。


名案。
名案だと思った。
離婚の条件。


懐刀のような。
諸刃の、それ。


切り札のような、私の決意。
覚悟と。



春休みだったので、何も言わずに実家に帰った。
何も言わずに受け入れてくれて。
数日過ごした。


そして、心を決めました。



続きます。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。