海はひろいな

婚外恋愛ブログです。好きだから好きなのに。

許されないことなのは重々承知です。
不愉快だと思う方はどうぞスルーでお願いします。

『イベント当日』vol.1

当日まで、イベントのことにはお互い、一切触れず。
朝を迎えて。


結局、私からは何も話さないことに決めてしまった。


なるようにしかならない。
なんて、逃げ口上。


いっそ1人で行く、とか一緒に行きたくない、とか、
言う勇気なんてなかった。


だったら、このまま私が何も言わないままで、
彼がこの件にどう反応するのか見てみたいなって思った。


その結果、たとえ1人で行くことになってしまっても、
大丈夫大丈夫って、
ブログに戴いた励ましのコメントを見ながら、過ごした。


朝、おはようのLINEが届いたあとの空白の時間が。


とても不安で心細く、永い時間に思えた。
今確認したら、たかが2時間ほどだったのだけど。
彼から、やっと、本題が。


待ち合わせの時間と、
待ち合わせ場所を告げる、
いくつかのLINEを事務的に交わす。


一緒に行けるんだあって、こっそり安心した。
ちゃんと覚えててくれてた。



待ち合わせの場所まで向かう電車の中。
不思議な感覚。
半分は、純粋に楽しみ。
SNS覗いて、テンションあがる。
でも、もう半分は・・・?


着いた待ち合わせ場所。
そこで上手く合流出来ず、
彼から着信。


「どこ?」
「〇〇〇のとこ」
なんて通話してるうちに、お互いを認識、した途端、彼がくるりと向きを変えて進みだす。こっち、みたいなジェスチャーしてたから、ついて来いってことなんだろう。


なんか・・・
なんか、ちゃんと『逢えた』感がない


少し離れたところにいた彼を追いかけるかたち。
しかも、少し早足、人混みのなかで。
ものすごく足の遅い私。
歩くのも走るのもとても遅い。


なんだかとっても悲しくなった。


このままはぐれたふりして、いなくなっちゃおうかな


なんて流される勇気もやっぱり出ないんだけど。


やっと、追い付く。
というより、彼が足を止めたから追い付けただけで。


追いかけながら、ホームに来た電車に乗って、車両の中でも歩いてて。


彼がようやく足を止め、説明を始めたこの車両が、乗り換えに便利な車両なのらしい。
ついでに、言うと、
他にルートがあるなかで、
このルートを使うのは、
別のルートで行くと、
途中で奥さんと遭ってしまうかも知れないだとか、
言ってたと思う。
この辺りのくだりを、
彼がどんな風に言ったのかとか、
まったく覚えてない。



『奥さん』のワードに、多分ショートした。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。