海はひろいな

婚外恋愛ブログです。好きだから好きなのに。

許されないことなのは重々承知です。
不愉快だと思う方はどうぞスルーでお願いします。

『イベント当日』vol.2

もう、最悪。
そんな始まり。


でももう、ずっと最悪だったのかも。
この日よりも前よりも。



電車内、扉付近に立っていた。
彼に対して、もうほとんど背中を向ける角度で。
2人の隙間にはトゲトゲ空間。
近くて遠い。


このルートを選んだ理由をわざわざ言う必要なんてなくない?
気を遣わせてごめんなさいね、なんて思ってむかむか。
全身に不愉快さが溢れ出てしまうのを隠せない。


彼が何か言ったような言ってないような。
1度か2度かうん、とかふーんとか、
答えた気もしなくもないような。


何を言ったかも覚えてないほど、他愛ないやりとりだったんじゃないかな。


そして促された、乗り換えるから降りるって。


次の電車でも扉付近に立ったけど。
この電車は段々混んでくる。
増す密度。
扉の横の片隅へ誘導される、彼が私を護るように腕の中にくるみながら。
自然に密着する、彼と。
自然と縮まる距離。


身動き出来なくて、向き合ったままだった。
混雑が、もっと近付かせさせる。
彼の顔も近付く。
唇が近付く。


慌てて、ダメって小声で制した。
こんなところでダメに決まってるでしょ。


このとき私、
彼のキスを拒む理由があって良かった、なんて思ってた。
こんなところでダメなんだから、やめて、って堂々と言えるって、思った。
キスなんかやだった。


諦めない彼。
ぷいってくいって、僅かに顔を背けて、逃げる。
逃げきれなかった、おでこやこめかみへのキスは諦めた。
されるがまま。


やがて空いていく車内。
彼との距離も緩む。


私と彼のおうちの距離は約1.5h。
この日のイベント会場へも私のうちから約1.5h。
途中まで、彼のおうち方面をめがけて進む。



この辺りはもう、私には馴染みのない界隈。
そして彼には馴染み深いエリア。


私の知らないいろいろな話をしてくれた。
車窓からの景色を、彼の話した内容を重ね合わせながら、見る、見詰める。


彼から聞いたことがあった話でも、
いまその場所にその近くにいるんだって思うと、また不思議な感覚だった。
新鮮で不思議。


途中までは、彼がいつも帰るルートだった。
この風景を見ながら、私にLINEしたりしてるんだなあって、思った。
そんな風景を一緒に見れる不思議。



そして目的地の駅へ到着。
私は、初めて降りる駅。
初めての場所に、わくわくした。
この楽しさは、誰といても感じる楽しさ。
だから、彼といても楽しくなってた。
(ひどい言い方よね、ごめんね、笑)


イベント終わったら即解散ではないだろうなって、思って。
この日の打ち合わせを全然してなかったから、どう流れるか全然わからなかったけど。
そんなに時間の余裕ないかもだけど、少しくらいどっかお店行けるのかなあって、思いながら初めて歩く街。どこか行けたらいいな、行きたいなって、過ぎゆくお店をチェックした。



楽しくなっていく。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。