海はひろいな

婚外恋愛ブログです。好きだから好きなのに。

許されないことなのは重々承知です。
不愉快だと思う方はどうぞスルーでお願いします。

好きの続き

チャットは続いて、初デートのときの話になった。
このとき『海』はほんとに緊張していたって。
かつ自分を抑えるのがたいへんだったとも言っていた。
でも何もしないで帰ることも考えていたようで。
私に拒まれたらと思うと怖かったらしい。


「そうなのー?w」
今だからこそ、可笑しくて。


デートの約束するまでにあんなにさんざん口説いてたくせにー。
だから私の方は、覚悟したうえでの『約束』だったから。
覚悟のサシ飲みでその距離感はないって思ったから。
向かい合わせに座る彼に「隣に座れ」って言ったのは私。


懐かしいね~って笑った。



そこからまたこないだのランチの話になった。
「見られちゃったね~w」
「言わないで・・・T-T」
しばらくこのネタでいじられそうな予感がひしひし・・・



「あの辺のアパートの相場調べたんだ~」
・・・え?
「15分歩いて風呂なしトイレ共同で〇万とかあったw」
「風呂なしトイレなし~!?w」ってとこにつっこんでおいたけど、本当はそれどころじゃなかった。
・・・なんかすごいこと言ってるよこの人。
「〇〇駅までいくとだいぶ安くなるんだけどね~」
正直この辺から自分が何て話してたか覚えてない。
冗談だと思ったから必死で冗談で返した。

でも冗談でも、嬉しかった。

そんなことされたら離れられなくなっちゃうよ。
そんなことになったら責任とってくれるのかな。


淡い淡い冗談としてしか成立しない夢だけど。
束の間、幸せだった。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。