海はひろいな

婚外恋愛ブログです。好きだから好きなのに。

許されないことなのは重々承知です。
不愉快だと思う方はどうぞスルーでお願いします。

回想録・2

数日振りの私の家。
惨憺たるもの。


刃物みたいな空気の空間。


でももう、我慢しなくていいんだなあ・・・


覚悟は決めてたんだから。
対峙するとき。


終わりの始まり。



まず初めに。
お詫びしたくなる。
この度の夫の不機嫌さの理由が、どれだけくだらなかったか。
こんなことを記事にしてしまって申し訳なくて。



先月末頃、『海』と夜デートをしました。
私は夫が夜に予定あるときは、私の予定を当然入れません。
夫から、用事があると聞いてない日と、『海』の都合をきいて。
それと。
私がお出掛けしたいと言えば、夫は早く帰って来てくれるのですが、急かしてしまうのも申し訳ないので、つなぎで、私の母にお留守番を頼んでいます。夫がそこまで慌てなくてもよいように。
なので、夫と母と『海』の都合を聞いて、日程を決めている。
このときたまたま母も忙しく、母の返答が少し遅くなってしまった。
ので、結果的に前日に夫に、明日夜に出掛けると、告げることになってしまった。
もちろん、その日は夫の予定があると聞いていなかったから、直前だけどその日に決めた。


それがいけなかったのらしい。
その日は夫にも用事があったのらしい。
突然私が出掛けると言ったせいで夫は自分の予定を諦めたのだそう。
私の、たかが飲み会と、
夫の、年度末の大切な飲み会と、
どっちが大事かわからないのかと。
責められた。


自分だって前日まで予定が入ったこと言ってないのに。
自分だって用事あるって聞いたなら、私も当然譲るのに。


何もせず何も言わずに勝手に腹を立てていた。


呆れるにもほどがある。
どうしようもなく、うんざりした。
もう、躊躇う必要なんて、これっぽちもない。


話を全部した、と思う。
怒りと呆れ過ぎたのと、今までの不満と。
流石に冷静ではいられなかったから、
正確に全部は覚えていないけれど。


ちゃんと話したとは思う。
私の、条件も。
それを話しても、少しも動ぜず受け入れられちゃって、
私のこの十数年はなんだったんだろうなあなんて、
少し虚しく思えたけど。


とにかく、話した。
始まった。
終わるため。


私の人生が、動く。
動き始めた夜。


これからどうなるのか、不安が大きすぎて、
その姿が全部は見えない。
でも。


また新しい、未来への道を拓くチャンスを手に出来たこと。
これってすごいことだって。
喜ぶところだよ。
愉しみにしていいところだよ。


そんな風に励ましながら。


これから考えなくちゃいけないことがどれだけあるだろう。


だから。
ひとやすみ。
この夜に至るまでも、頑張ったから。


夜。


これから考えなくちゃいけないことがやまほどあるから、
何も考えずに寝ようって思って、


寝たのか寝れなかったのか、
あんまり覚えていない。


朝がきて。
目を覚ましたんだから、寝てはいたらしい。


朝。


洗面台に立っていたら、夫が起きてきた。
ぎくり、と思った。
「おはよう」って言われて。
ああ、無視は辞めたのかって思いながら
おはようって言いかけたら、
後ろから抱き締められた。


「ごめん」


「俺が悪かった」


私は、驚きすぎて言葉が出ない。


夫は、謝らない人だったから。
ふざけているときでも、なんだかんだ、謝らない。
まして、誠心誠意謝るなんて、一度も見たことない。
その夫が謝っていた。


「お前がいないとダメだよ」


「いてくれないとダメだ・・・!」


私は。


驚きすぎて、その許しを受け入れてしまった。




でも。
抱き締められて、身体の向きを変えられて、キスされて。



苦痛でした。


もう、どこを探しても、夫への気持ちは、からっぽだった。


驚いたショックで、受け入れて、それで良かったのか、
今もわからない。


でも受け入れた以上、最低限、『嫌いじゃないフリ』はしなくてはならない。


これでいい、わけないと思うけど。




そして数日後、義父が亡くなる。




続きます。
一気に伝えられなくて、すいません。


回想録・1

あのとき、突然不機嫌になった夫。
私には理由が全く思い浮かばなかった。
仕事で何かあったとか、なのかなとか。
考えたけど。
それにしては、徹底的な避けっぷりだった。


もともと会話なんて多くなかったけど。
必要最低限のみだったけど。


これは敵意とか憎悪とかに匹敵する類。
理由もなく、そこまでされる覚えもなく。
身に覚えがないのだから、
私だって、相手にしなければいい。
気にしなければいい。


そう言い聞かせて、やり過ごしたかったけど、
無理だった。


やっぱり、無理・・・


頑張ろうって、
もうちょっと頑張ろうって、


もう、頑張れないって、思った。
もう、頑張れない。


もう、充分頑張った。
もう、いいかなって。。。


むかしむかし・・・
ロボットになりたいなんて、思った。
心なんか要らない。
感情なんか、なければいいんだよ。


家事も育児もするべきことだけ、する。
何も思わず。
それだけでいいって。


そうやって頑張るつもりでいたのに。
ごめんね。
頑張れなくてごめんね。
子供たちに心の中で謝った。


もう無理だった。



幸い、夫の不機嫌さは、私を徹底的に避けることだけに留まっていた、それも長い時間。
おかげで、落ち着いて考える時間をもらえた。


さよなら。


道を別つ。


いままでも、ぼんやり考えたことはあるけど。


いよいよ本気で考えるときがきた。



いざ本気で考えてみると。
現実の過酷さが身に染みる。
シビアな世の中。


だからなのか。


ふと、思い付いたこと。
今までそんな発想、思いもよらなかった。
『私』がそんなことを思うだなんて、
私自身が一番驚いた。
だけど。


名案。
名案だと思った。
離婚の条件。


懐刀のような。
諸刃の、それ。


切り札のような、私の決意。
覚悟と。



春休みだったので、何も言わずに実家に帰った。
何も言わずに受け入れてくれて。
数日過ごした。


そして、心を決めました。



続きます。




身長差

ブログ巡りしてたら、書きたくなっちゃった。


(現実逃避、ともいう?・・・憂鬱な記事は以下略)





*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。


皆さん、彼さんとの身長差、どのくらいありますか?


私は、高身長さんとつきあったことなくって、
歴代せいぜい、10~15㎝ってとこ。


お相手がほんのり高い、くらい。
『海』とも、その範囲。



『海』と、初めてお部屋にいったとき。
ソファに座った彼は、
私を膝の上に乗せた。
そして、いろいろと・・・


このとき私は、膝に乗せられるって経験が初めてだった。
だから、びっくりした。
そして思った。
これって身長差のせいなのかなって。


身長差のあるカップルさんは、お膝に乗るの普通なのかなー?
って思って。


お膝に乗せられて抱えられちゃうの可愛くって、いいなー♡
私それ、知らなかったから~


菜々緒はそれ知らないんじゃない!?、なんて(笑)



『海』にお膝に乗せられたのは、それっきり。
身長差の、せいだよなって思う。


だから思うのは。


奥さん、小柄な人なんだろうなあって・・・



ねえ。
明らかな失言、じゃなくっても、
差分で勝手に悲しむのは・・・


情けないなって
みじめだなって
思ってたんだけど・・・



好きなんだから仕方ないでしょ!!
この恋ならではの弊害、知ってるー!!


週末連絡少ないのもわかってる!!


『差分』


わかってるってばー!!



美味しいとこ

憂鬱な記事を書くより、
美味しいことの方が、書きたくなっちゃうのは
しかたないはず!


もう少し、だけ・・・



先日の、『未読スルー』が地味にじわじわ堪えていた私。


急にカットアウトな展開なんてもうあり得ないの、わかってるんだけど。
弱っているせいか、
じくじく、心を蝕む。


考えられるありとあらゆる可能性を、思い浮かべて。
どんより。


忙しいなら、いいの。
待てる。
でも。


もしもを考えると、不安に苛まれる。


接点が少な過ぎるのが悲しくなる。



結局、忙しかっただけだったんだけど。
会議と出張と重なって、慌ただしかったみたいなんだけど。


・・・教えてもらえないと、わからないんだよー



「寂しかった」
訴えてみた。
忙しいのは仕方ないの。
わかってるの。
忙しくても連絡しろって意味じゃないの。
わかってても、寂しくなっちゃうの。
どうすればいい?



気にして連絡してこないのは、凪の方でしょって。
遠慮しなくていいよって。
もっと甘えてくればいいじゃんって。




そうなの!!??Σ(・ω・ノ)ノ!



・・・もっと甘えていいらしい・・・
聞き訳がいいのは、長女の習性なのかな。


忙しい人を捕まえて甘えていい、の?ほんと?


寂しいときに、
ううん、寂しくなる前にも、甘えていいってこと?


もっと甘えていいらしい。


ほんとにいいの?
嬉しいな・・・



でもいざ、「甘えろ」言われても困っちゃうんだけどね(笑)
甘えるってどうやるの?


でも。
よくわかんないけど。


そう言ってくれるあなたの存在が私にとって、
どれだけ嬉しいか。心強いか。


嬉しくて嬉しくて。
嬉しい夜。


いつまでも浸っていたい余韻。
美味しい余韻。
幸せな。



言葉より速く

たくさん聞いてほしいことがあります。


でも、気分はどんより。


約2週間? いろんなことを考えたなあって・・・
思ったこと。考えたこと。感じたこと。
思考の痕跡がガラクタみたいに、散らかった部屋、
みたいな私の心。


どうしよっかなこれ・・・
とりあえず見ない振りするのが、今は一番気楽らしい。


整理してもけして楽しくなるわけじゃないし・・・




夫の声が、耳に残る。
きっと消えないし、
無警戒に忘れてはダメだと思う。


心に落ちた翳が沁みになる。


全部現実。


「おまえ男いるんだろ?」
とか
「出てけ」
とも。


先にお伝えしますが、皆様にご心配掛ける状況には至っておりません。
後ほど、記事にするつもりでおりますが。


ちゃんと考えなくちゃね。


「夜の外出は月に1回が望ましい」
とも。


考えなきゃ。
言葉にして整理しなくては。


でもすっかりくたびれてしまって・・・


見ない振りでぼんやり漂う。


『海』になんて言おう・・・
なんて考えるより早く、
『海』からコンタクト。
一応、日常に戻った日に。


まだ何も考えたくないから、
何も言葉にしない。
言葉より速く。
思うがまま。


あとでちゃんと考えるから。
今は何も考えないの。



いつもの時間。
これは、魔法の時間?
逢えるのかな・・・
あ、逢えなさそう。
私も、ちょうど、用事があったしね。
ただ日常的な会話が、じんわり嬉しい。
〇〇したいとか、
〇〇されたいとか、
ちょこっと逢ってないからだいぶえっち気味。
どんな日常的な会話なのか(笑)
んーでも。
『逢いたい』とか『キスしたい』とかを、
言われたかったな~なんて思いながら、
私の用事を済ませていたら、
「待ってるよ~」って届いてびっくり。
あれ・・・?逢えたの?
「用事あって、〇〇にいるの、ごめん」
「そこに行く」
ここまで来てくれるって。
イレギュラーな魔法にどきどきした。
目の前に、彼。
私の、オーバーフローしてる現実。
でも、目の前にいる彼も現実。
いつぶりだっけ?
なんだかすごく懐かしかった。
人前にも係わらず、きつく抱き締められた。
人目が気になりすぎるのと、
嬉しすぎるのとで、
だいぶ動揺してしまう。
動揺を隠すのに必死で、素直になれない。


やっぱり、逢いたかったんだな、私は。


わかってるけど、照れてしまう。


駅へ向かって。
ここの駅は。
エレベーターがホームの一番端にある。
この時間は、ほとんど人気がない。
わかるけど。
絶対人が来ないわけじゃない。
「平気平気♪」って笑う。
エレベーターへ向かう通路も死角なんだって。


・・・『キスしたい』って言われたかった、って思ったけど。


日中の日常の人の往来の有り得る中の、『死角』にて。
抱き合ってキスを何度も何度も。


言い訳をしていいなら、
逃げさせてもらえなかった。


身近に迫る喧噪に、身体を強張らせる。
まだ平気、ってまた引き寄せられて。


気が気じゃない。
嬉しいのに、嬉しいって言えない。


嬉しいけど、嬉しいって言ったら、
大変。
電車を待つ間、名残惜しげにしていたら
「またさっきのとこ行く?♪」なんて。
出し惜しまなきゃければいけない気持ち。
これが、現実。


電車が来たから、私は帰らなきゃ。
彼も戻らなきゃ。


頬へのキスの至近距離。
この距離にいることが、長くなったような・・・


私のテリトリー。


私の心の沁み。


全部現実。




私、得意技は、『後回し』
いまだに、考えることは後回し。
まだ、心の疲労回復していない。


そんなときに、未読スルーが続いた。
『海』にしては、ありえない、長く。


・・・何かあったんだろうか?
私も、完全回復していない。
全部は説明してないけど、不安定になるかもとは、言っておいた。
けど。
だからなのかな?
それとも別の何か?


不安が拡がる。


こんなにこんなに不安になる。



この頃に起きた、ごたごたは、
ごたごたのまま。
考えることから逃げてはいけないと思う。
ぐちゃぐちゃに放り投げてはいけない。
それはわかっている。



言葉にするより速く。


言葉にしないから、なのかな、私だから。
考え過ぎてしまう私が、
ぐちゃぐちゃ考えてないからなのかな。



逢えて、嬉しかった。
連絡が途絶えると、不安で心細かった。


これが素直な気持ちだと思いました。



おいおい、言葉で綴ろうと思っておりますが。
言葉より速く、感じた気持ち。


先に、残します。