海はひろいな

婚外恋愛ブログです。好きだから好きなのに。

許されないことなのは重々承知です。
不愉快だと思う方はどうぞスルーでお願いします。

誘われたり惑ったり

いつぐらいの話だったかな。


あれこれぐにゃぐにゃしすぎて混乱気味、我ながらうんざりだけど。


いつだったかに、
LINEのラリーが続いたときに、
イキオイ流れで、
明日ランチくる?って聞かれて、
凍りそうになった。


そう、確か、
ランチをドタキャンされてから、少し経ったあとだと思う。


とっさに、明日は午前授業なのごめん、なんて
嘘をついてしまった。


心の準備が出来てなくて。
嘘ついてしまった。



そのあとに、少し、気持ちにゆとりの出来た頃に、
お誘い、ランチの。


a日かb日か、ランチいかない?って。


即座に反応出来ない。
嬉々として反応も出来ていない。
でも。
このままじゃ不自然だろうって思ったし。


b日ならって答えた。


その後、
b日とc日だったらどっちが平気?って聞かれて。


どれだけ心細く思ったか。


どっちも平気、って答えたけど。
もう。
むざむざ誘ってくれなくていいのにって思った。


先延ばしの方がいいならそうしていいの。
でも。
結局b日に、待ち合わせた。


彼の仕事上、
時間通りに来られないことがあるのも、
突然のキャンセルがあることも、
ちゃんと理解している。


アタマではわかっている。
わかっているのに。
不安でたまらない。
怖くて仕方ない。


本当に彼は来るのだろうか。



*:・゜。*:・゜*:・゜。*:・゜。



夫が何気なく、話した。
「〇〇でランチしたんだけどさ」
とあるジャンルで食べログ上位のお店だったから行ったのに、微妙だった、って話だったのだけれども。
〇〇は、彼とよくランチする場所。


私は夫があちこちに出現する可能性を知ってはいたのだけれども。


なんとなく、
甘く甘い、希望的観測で、
限りなく低い可能性に、甘えてしまっていた。
だってこの時間この場所に何人いると思ってるの?
限りなく低い低い確率。
否。
ゼロじゃない確率。
可能性はゼロじゃないのに、
ほぼゼロに近いからって、甘んじていた。



遭遇してたり、目撃されてたり、
可能性は全然ゼロではなかったのに。



いまさら胸を撫で下ろしたりして。




運命の神様がいるなら
その加護にとても感謝してもしきれない
護ってくれてありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。